2015/12/03 Nepal, Kakarbhitta⇒India,Dhupguri(走行距離時間 112k 6:40) “( ̄ー ̄)ゞ 90000kmの男、インドへ戻る♬”

インド再突入ぅ!、イマイチ盛り上がらない90000kmの男です!!


おっし・・・宿で寝たのに、イマイチ調子が・・・・昨日の水シャワーで治りかけの風邪が悪化したかなぁぁ・・・。
チョイとグズグズしながら両替しに銀行いくが開いてない・・・屋台がイッパイやってるので、とりあえず朝飯かね♬。モンゴロイド系のアジア顔の人がイッパイ。朝からトゥクパ(チベットうどん)だわ♬。

さて・・・仕方ないので両替所で大金両替。これでミャンマー入るまでもちそうだわい。
8時過ぎて目の前の国境へと出発。
これまた人通りの多い国境・・・っと、何時の間にかイミグレーション通り過ぎちゃった。地元のネパール・インド人はフリーなのね・・・こりゃガソリン運びやすいわ・・・。
昔ここを通った。お茶で有名な「ダージリン」への直通バスで寝てたら、この国境を寝過ごしてしまった事がある。目が覚めたらダージリンに着いてた。あの時はわざわざ国境まで戻ってきたなぁぁ・・・。
出国スタンプをもらって、バイバイネパール♬。川を渡って、ただいまインド♪。
っと橋を渡った途端にものスンゲー人混みにトラックの山でぐちゃぐちゃぁぁ。
・・・戻ってきたわぁ・・・インドぉぉぉ・・・。
今回は入国もシッカリ!当たり前ぇ!。はい!インド北東部に突入っす!!。

 ゴチャゴチャ国境町を過ぎるが、路肩には長ぁぁ~~いトラックの列・・・国境通過待ちだな・・・。しかし長い。最後のトラックまで5kmはあった.。メキシコ・アメリカ国境、イラン・トルコ国境、どちらも長かったが、ここが一番長いかもね
エッホエッホで平坦です。辺りには茶畑が出てきた♪北へ進んで山岳部へ入れば「ダージリン」。お茶の名産地ですわな。道はダイブ良いわ♪スムーズな道い~~♪。
・・・っと、思い出した。もうすぐ90000kmだった。
計算ではネパールの中盤で90000kmを突破するはずだったが、インド北西部・ラダックでのドンキー号転落後、ルートをチョイチョイはしょったので、北東部まで来ちゃったわ。
スピードメーターを見ると・・・あら・・・もうちょい・・・・はいはい・・・ほいほい・・・・フンフン・・・おっしぃ~~90000kmの男ぉ~~~♪・・・・だけど、なんだか今回は盛り上がらんなぁ・・・・。既にインドに怯えてるかも。
エッホエッホ・・・少しづつ交通量が増えてきたぁぁ・・・・大きな町が近づいてきたっす。
っと、田んぼに畑を超えたらいきなり出てくる綺麗なショッピングモール・・・がっちり警備されてるし・・・インドぉぉ・・・。

町が近づくと・・・色んな悪臭・・・・ゴミ・・・獣・・・ドブ・・・ウンチ・・・アンモニア臭・・・インドぉぉぉ・・・・。
更に滅茶苦茶な交通になって、もうヘトヘト・・・町に入ると方角を見失う・・・インドぉぉぉぉ・・・・。
人に聞けば皆さん親切♪。丘の道を平坦な道を教えてくれたので、平坦コースで・・・っと、その前に休憩じゃ・・・。
小腹減ったので「プリー(揚げ平パン)」と豆カレー。こちらのオッチャンも人懐っこい♪。
ん~~♪人は良いね♪。・・・しかしやはり、交通と臭いがドギツイですなぁぁ・・・。まぁ、暑くないからまだマシかぁ・・・。一休みして、おっしで出発。
中心街は前後左右から何かがやってくる!。
右から人ぉ!左から3輪バイクゥ!!後ろからリキシャーぁぁ!前から追い抜いてくるトラックゥゥゥ!!。
ひんどい渋滞に、はぁぁぁ・・・・っと、ため息。チャッチャと町を抜けるべし・・・・。

やっとこ空いてきた・・・っと、片道1車線・・・・今度は暴走トラック・バスの恐怖。
前から「パぁぁぁ!!パパパパぁぁぁぁ!!」っと警笛を鳴らして2台並んで突っ込んでくる・・・追い越しし放題・・・・自転車はよけるものらしい・・・・。
避けません。死にたくないけど避けません。我慢比べみたいにギリギリまで真っ直ぐ走ってると、暴走車が避ける・・・・けど、中には完璧に避ける気なしで突っ込んでくる奴もいる・・・・こなくそぉぉぉ・・・・。
エッホエッホ・・・・・なんか調子でない・・・・風邪ぇぇ・・・・治ってないのかぁぁ・・・それともインドのせいかぁぁ・・・・。
はふゥゥゥ・・・っと12時なって、トラック休憩場で飯。まぁダルバートですわ。
とりあえず腹イッパイでお会計。
・・・・50RP??安い???・・・・あれぇ?金銭感覚が・・インドルピーって幾らだっけかぁ??
おっし・・・今日はインド疲れに風邪もあるから、次の町で宿に泊まろう・・・野宿は当分できなそうだなぁ・・・。
エッホエッホ。辺りは田んぼと茂み。腐敗してるゴミに、スンゲー水たまり、水っけたっぷりの土地・・・ここでは野宿はシンドすぎるっすわぁ・・・。
ちなみに、南へちょっと走れば「バングラディッシュ」。北へもうちょい走れば「ブータン」。ココはインド北東部へと続く細長い経路なのですね。なので、用は無い。インド北東部へと5日ほどブッ飛ばすのです。
エッホエッホ・・・黙々とこいで・・・・町だなぁぁ・・・・っと、また異臭とスンゲー交通量だぁぁ・・・・そして迷う・・・ぶへぇぇぇ・・・宿探すのも億劫だぁぁ・・・・もう町いやぁぁぁ・・・・。

全く落ち着かない。町に入る度にスグに抜けたくなる。外れに出ても野宿は厳しい。どうすりゃいいんだインド・・・・。
まだ2時半・・・次の町まで40km位・・・・いけるな・・・・でもココ何処?・・・・方角がわからんわぁぁ・・・。
地図を広げてると、誰かしら助け舟を出してくれる。自転車乗った兄ちゃんがメイン道まで先導。
あんがとぉ♪・・・・左折して次の町??右折じゃないの??・・・・全く方向がわからんわぁぁ・・・・。
素直に左折するとグネグネ曲がって、何時の間にか目指す北東へ向く道。
こなくそぉぉぉぉ・・・・なんだか調子が戻ってきたぞぉぉぉ・・・・次の町でキメる!!一気に爆走するべし!!。
フンフンフンフンフンフンフンフン!!おおおおおお!!体のタルさが消えたぁぁぁ!!。
トラックが後ろから迫って来ようが、前から2台ならんで来ようがガンガン攻め攻めぇぇ!!。
ぐひょぉぉぉぉ・・・ミラーがバスにこすったぁぁぁ・・・・死んでまう・・・・要チェックしながら走るべし!!。
とりあえずチャイ休憩・・・アーリア系の彫りが深いお顔のインド人ばっか。皆さん遠慮気味ながら興味深々な様子っす。
そういえば朝から曇りっぱなしだなぁ・・・暗い雲になってきた・・・乾季だから雨は降らないだろうけど・・・。
エッホエッホで黙々と爆走して4時に町に入った。これまたデカい町でごっちゃごちゃ。


おっし!宿ぉぉ!!。っと人に安宿を尋ねるとバイクで先導してくれた。
・・・えっと1泊お幾らですかぁ?・・・・600ルピー・・・・えっとえっと・・・・1200円位・・・・ちょいと高いなぁ・・・。
まぁ、こんなもんなんだろけど、探せばあるはず。っとビルに入った宿へ・・・3階から宿かぁぁ・・・。
とりあえず値段を聞けば200ルピー♪。窓ないけど監獄ではない部屋。オッケー♪。
っと、スタッフの兄ちゃんが荷物とドンキー号を運んでくれて一安心ん。
チェックイン・・・ボスのオッチャン・・・・。宿帳に記入するのに一苦労・・・いや私が書きますよ・・・・っと、「待て!」っとな・・・はいはい・・・。
5時過ぎるともう暗い。もう5時まで走れないなぁ・・・冬だしダイブ東へ来たもんなぁ~。
表に出て早めに夕飯にすんべ。ゴミゴミして特に用事なし!食堂は何処かなぁぁ~~・・・。
なんだか明るい食堂発見。ここにすんべ。
料理の写真でイッパイな壁。英語しゃべれる兄ちゃんが「何が食べたいんだ!」っと。何があるかを尋ねれば「何でもあるぞ!」っと。・・・天丼・・・って理由にはいかんから、んじゃ、ビリヤー二を頂戴な。
チキン・ビリヤー二♪。昼はベジダルバートで50ルピー、チキンビリヤーニは140ルピー。・・・やっぱ肉はネパールと一緒で高いなぁ~・・・。
足りないので屋台でヘンテコサモサ買い食い。しょっぱぁぁ・・・飯・・・当分こんな感じだなぁ・・・。
宿に戻って日記書いて消灯っす。
インド走行はホント気を張りっぱなしで疲れるわぁぁ・・・。まずはインド北東部の入口「グワハティ」町までブッ飛ばしだわな。5日もあれば着くだろ。
90000kmの男になったな。お疲れぇ!俺ぇ!!。大台の10万キロまでもうちょいだぁ♪。

1 件のコメント :

片山由香子 さんのコメント...

おめでとう、90000キロのおとこ!!
またおっきくなっちゃったかな?
インド、気をつけてぶっとばしちゃってーーー!